お知らせ 総額50万円分の懇親会費支援キャンペーンを開催中 by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

19

NODE-Setagaya#12 2014.07

Ansible x Github で Infrastructure as Code を体感しよう!

募集内容

一般参加

無料、もしくは会場払い

先着順
6/8

イベントの説明

Ansible x Github で Infrastructure as Code を体感しよう

NODE-Setagayaについて

この勉強会シリーズでは、主にインフラエンジニア向けに
月一くらいのペースで小さくディスカッションを交えつつも
自分たちのスキルアップに繋げられたらいいな
という感じでやっている勉強会です。

ネタ

Python製サーバProvisioningツールAnsibleGithubPull Requestフローを使って
Infrastructure as Code をみんなで体験してみようという試みです。

概要

今回はスライド発表ではなく、完全にハンズオン。
当日の予定は以下の通りです。

  1. Ansibleの基本的な環境構築方法、使い方を確認
  2. Githubレポジトリでplaybookの管理を行い、みんなでフォークする。
  3. お題の構成のサーバを作るべく参加者同士でプルリクエストフローで完成品をみんなで作っていく。

なお、当日使うGihubレポジトリは公開のものを利用します。(当日までに用意しておきます)

ちなみにおわったら近くに焼き肉にでも行く予定です。

参加費用

1,000円程度を想定していますが、会場費用を参加者で割り勘する関係で前後する場合があります。
ご了承ください。

事前準備

今回はスムーズにハンズオンに入れるように以下の準備をおねがいします!

  • Ansible最新版が使える環境を整備
  • 動作確認の際にあると便利なので、vagrant 環境の準備
  • gitが使える環境
  • 持っていない人はGithubアカウントの作成(公開鍵の登録までやって試しに1つレポジトリを作ってみるのが良いと思います)

また以下のエントリを確認していただくと当日話についていきやすいと思います。

発表者

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

Kei Iwasaki

Kei Iwasaki さんが書き込みました。

2014/07/19 07:53

共有遅れて申し訳ありません。本日使うレポジトリはこちらに公開しております! https://github.com/node-setagaya/study-meet12

Kei Iwasaki

Kei Iwasaki さんが NODE-Setagaya#12 2014.07 を公開しました。

2014/07/05 18:47

NODE-Setagaya#12 の募集を開始しました!

グループ

NODE-Setagaya

イベント数 8回

メンバー数 19人

終了

2014/07/19(土)

14:00
17:00

募集期間
2014/07/05(土) 00:00 〜
2014/07/19(土) 12:00

会場

貸し会議室NOAH駒沢店 11L会議室

東京都世田谷区上馬4-2-7 上馬ノアビル 11F

貸し会議室NOAH駒沢店 11L会議室

参加者(6人)

(退会ユーザー)

(退会ユーザー)

NODE-Setagaya#12 2014.07に参加します!

Kei Kori

Kei Kori

NODE-Setagaya#12 2014.07に参加します!

ftakao2007

ftakao2007

NODE-Setagaya#12 2014.07に参加します!

shinchanv_

shinchanv_

NODE-Setagaya#12 2014.07に参加します!

manaken19

manaken19

NODE-Setagaya#12 2014.07に参加します!

iga_kyu

iga_kyu

NODE-Setagaya#12 2014.07に参加します!

参加者一覧(6人)

キャンセルした人(1人)